BLOGROLL

2017/11/04

Legend Never Die - Ambition

本日行われたLOL World Championship FinalでSamsung GalaxyがSK Telecom T1を3:0で破り、ついにSKT Dynastyが終わりました。LCKを深く知らない海外ファンの方々はこのチームがどういうチームか、このチームの優勝がどれだけドラマチックなのかよくご存知でないと思うので久しぶりにブログで記事を書こうとします。ちょっと長めなので記事は3~4編で分けて書きます。



========================================

リーグ・オブ・レジェンド(以下LOL)が韓国にサービスを開始して2ヶ月。LOL韓国大会、LOL Champions League(以下LCK)が開幕されます。そして決勝戦はMIG Frost vs MIG Blazeの兄弟チーム対決。MIGはLOLが韓国サービスを開始する前から活動していたチームで韓国サーバーを開始する頃にメンバーを集めて2つのチームになります、最も注目されたのは元TSM出身のLocodocoがいたMIG Frostで、Blazeはチーム名がMIGなだけの新生チームのイメージが強かったんですがその印象をぶち破るようにMIG BlazeがFrostを3:0で圧倒しLCK初代優勝チームとなります。そしてその中心にいるのがミッドレーナー、Ambitionです。

(左がMIG Frost右がMIG Blaze)


Ambitionは韓国で一番安定すると評価される1世代のミッドレーナーで2013年LOL Allstar韓国代表チームのミッドとして参加するほど実力と人気を持っていましたが何故かWorldsには縁がありませんでした。2012年Worlds進出決定戦はNajin Swordに敗北して進出失敗、その後のLCK Winterでは天敵と言われるKTの登場によりQuarter Finalで脱落。2013年Springは1年ぶりの決勝進出に成功しますがMVP Ozoneに敗北し準優勝で終わります。同時にアマチュア最強だと言われたFakerのデビューと、次々と現れるスーパールーキーたちと相手し奮戦するも成績は段々と低下して結局2015年ミッドからジャングルへのロール変更を行います。

(世代交代の信号弾)


(選手としてロール変更はプライドに傷つくことかもしれないが彼は受け入れた)


実力が下がっても経験の豊富さによりオブジェクト管理に優れたプレイを見せてトーナメントからリーグ制に変わったLCK Springプレイオフに進出、相手のSK Telecom T1を2:0まで圧倒しましたが交代出場したSKTのジャングラーBengiの覚醒により2:3で逆転負けしLCK Springは3位でシーズンを終えます。しかしその敗北のせいでスランプが来たのかLCK Summerシーズンでは以前よりスキルショットを外したり、おかしな判断をすることが増えました、それに負傷まで重なってしまい再び成績がだんだんと下がって結局Worlds進出にまたまた失敗、2015年シーズン終了後、所属チームとの契約が終了されSamsung Galaxyに移籍します。


今日はこれまでです。次の記事ではSamsung Galaxyがどういうチームなのかを書きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿